三輪まるわかり年表

原始・古代 2・3世紀ごろ

すでに水稲文化を持つ人々が
       定住していた!
↑現存している三輪遺跡などから

5・6世紀ごろ 地附山(ぢづきやま)に地附山古墳・上池ノ平古墳群が築かれる
646年~ 大化改新

科野国成立、三輪地区は
水内評(みのちごおり、みぬちごおり)に属していた。

大宝時代
(701年~)

全国的に地方行政組織が整備される
科野国→信濃国 水内評→水内郡

聖武天皇年代
(740年~)

水内郡→芋井郷

中世

中世末期・
戦国

三輪地区を含む善光寺平をめぐって、
武田・上杉の衝突があった後武田領となる。
  信玄の没後は上杉領に。
近世

江戸時代
(1600年代)

真田家十万石の所領となって
松代藩に支配されるようになる。
◎宇木村、﨤目村、三輪村などの形成

1847年

善光寺平一帯に大地震が起こる
近代

1871年

廃藩置県により、松代藩→松代県→長野県に


1879年

水内郡が上下に分かれ、
三輪地区は上水内郡に属する

1885年~89年

連合戸長役場制が実施され、三輪村の圓通寺に役場が置かれる。連合戸長役場の廃止後、三輪村役場になった

1923年7月1日

三輪村は芳田町、芹田村、古牧村とともに
長野市に編入合併